性感染症は早めの治療が決め手

性病に感染したら早めの診察・早めの治療が大切です。そして予防のためにも医薬品を常備しましょう。

アレルギー体質の人のバルトレックスの服用と感染予防

アレルギーで鼻をかんでいる女性多くの方が持っているヘルペスウィルスとは上手に付き合っていく必要があります。その理由は一度感染すると神経細胞に潜み潜伏感染をしてしまうからです。そして神経細胞に潜んでいるウィルスを退治する方法がありませんので、完全に治すことが難しい存在とされています。しかし治療薬で対策をすることによって早期に症状を抑えることもできる為、ヘルペスが発症した際には薬によって対策をすることが大切です。
有効な薬としてはバルトレックスがあります。塩酸バラシクロビルという成分の働きでヘルペスウィルスを撃退するものですが、副作用のリスクも小さく、安全に使用できるのが特徴です。ただし、アレルギーを持っている方は注意が必要とされています。アレルギー体質をはじめ、何らかの持病や妊娠中の方の服用は控える必要がありますし、使用する際にはしっかりと医師に相談することが大切です。また、病院を利用せず個人輸入でバルトレックスを使用するのもリスクがありますし、アレルギーの存在をないがしろにすると時には命に関わりますので要注意と言えます。
ヘルペスに有効なバルトレックスですが、しかしながら根本から治療する為の薬ではありません。その為、いかにヘルペスへの感染予防をするかが大切です。
感染予防の方法としては、例えば口唇ヘルペスの場合なら症状が発症している人と物を分けて使うことです。同じタオルやグラスなどを共通して使用すると感染してしまうことがありますので注意しなければいけません。ポピュラーなヘルペスとして性器ヘルペスもありますが、感染予防の為にも性行為は避ける必要があります。
基本はヘルペスを発症している人となるべく接点を持たないようにすることが大切です。ただウィルス自体は多くの方が持っていますので、感染予防だけでなく自分も発症させないように免疫力を高めるなどの対策をしなければいけません。