性感染症は早めの治療が決め手

性病に感染したら早めの診察・早めの治療が大切です。そして予防のためにも医薬品を常備しましょう。

ヘルペスによる性病症状とバルトレックスによる治療

性器ヘルペスによる性病症状は男性と女性とで相違点があります。
男性の場合に発生し得る患部としては、亀頭をはじめ茎体部が多いとされています。また、太ももや臀部、肛門の周辺、直腸粘膜に出ることもあるようです。
そして性病症状としては、患部にヒリヒリやむず痒いなどの症状が発生します。そして2~10日位経った頃からかゆみを伴う赤みを帯びたぶつぶつや水ぶくれができます。さらにそれが破れて潰瘍ができた場合には強い痛みが発生し、時には発熱を伴うケースもあるのです。また、太もものリンパ節の腫れや痛みも感じることもあります。
女性の場合の発症患部としては、外陰や腟の入口、臀部が比較的多く、子宮頸管や膀胱にまで見られることがあるようです。
性病症状としては水ぶくれや潰瘍、そして強い痛みで排尿が困難になることもありますし、男性同様に発熱を伴うこともあります。太もものリンパ節の腫れや痛みが現れ、まれにウイルスが髄膜にまで達することで髄膜炎を起こす場合もありますし、そうなった場合には激しい頭痛にまで見舞われて排尿困難や便秘などを伴うようなこともあるのです。
症状が重くなると生活にも支障をきたしますので、ヘルペスの疑いがある時には速やかに検診を受けることが大切です。検診の結果、ヘルペスの場合は抗ウィルス薬であるバルトレックスを処方されることがあります。バルトレックスはヘルペスの性病症状を抑える為に有効な治療薬であり、副作用の発症可能性が低いのが特徴です。
バルトレックスによって症状が治まった場合でも、性器ヘルペスは再発する可能性がありますので、再度違和感を覚えた時には速やかに検診を受けるようにした方が良いと言えます。